« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

ウミネコ神社の近況

 
 
 

ウミネコ神社として知られている蕪島神社が火災で焼失してからひと月近くなる。
立ち寄ってみると、焼け残った建材などが解体されて撤去しているところだった。
クレーンは階段を登りきった境内の入り口までしか届かないようだった。

新しく社務所を建てるときは、資材を搬入するところまでは重機が使えても、
建てるのは人力に頼るしかないかもしれない。
  
 
Photo
 
 
Photo_2
 
 
Photo_3
 
 
Photo_4
 
 
 
仮設の社務所は今月中に完成する予定のようで、例年のイベントなどは変わらず開催するという。
今後の焦点は社務所の復興に移るが、宗教団体に行政からの支援はできないので、
氏子を中心とする民間からの寄付がメインになりそうだ。
  

Photo_5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小惑星群


 

オレンジ色をした小惑星が空から降ってくるかのように見えた。
地上に激突する前に、野鳥軍団が迎撃してくれるかもしれない。
 
 

1b
 
 
3b

案内板

 
 
海岸近くの道路沿いにある案内板がものの見事に錆びていた。
鉄板にペンキで文字が書かれていたのであろうことは間違いない。
ひょっとすると昔読んだかもしれないが、記憶は遥か彼方へ跳んでしまっている。
支えている門型の枠が、亜鉛メッキのパイプなのでまだしっかりしていて、
その落差が板の錆びと穴をいっそう引き立ててしまっている。
 
 
Photo_4
 
 
この案内板が新しく作り直されることはないだろう。
すっかりお役御免になったので放置されているのである。
しかし、新たなアート作品としての佇まいには、現役以上の価値があるかもしれない。
   
 
Photo_5
 
 
Photo_6
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

コスモス

 
 

いつもならあちらこちらで見かけたコスモスが、今年は限られた場所でしか見つからなくなった。
道路沿いの広い休耕田に咲いているのを見かけた。
 
今回注目したのは、白、ピンク、そして濃いピンクの色の割合だった。
全体的に見ると、白と濃いピンクの比率は同じくらいで、
普通のピンクは半分以上を占めていた。
しかし、色の割合は場所によってはバラツキがあり、
白が少なめになることが多いように感じた。
 
つまり、千本単位、万本単位では一定の割合でも、
一部分を切りとるような見方をすると白が少なくなる傾向があった。
土壌のphの関係なのか、色素遺伝子の組み合わせパターンによるのか、
個人的にはまだ分からない。
  

1

 

2

 

Photo

 

3a

 

Photo_2

 

5

 

6

 
 
 
 
 
 
 
 

誕生日前は旅行しないほうがいいという法則

 
 

個人の誕生日から始まる1年間の周期は「年間周期」といい、音階の1オクターブに例えることができる。

1オクターブなので、ドレミファソラシの7つの期間に分割できる。
半音単位に換算すると、黒鍵5個+白鍵7個で12分割にもできるが、
これだと少し複雑になって実情と合わないことがある。
基本的には7つに分けるのが分かりやすく実感とよく一致するのである。
 
1年を365日とすると、7分割した一つの期間は、約52日になる。
自分の誕生日からスタートして52日×7をチェックしてみることをお勧めする。
 
次に各期間の性質の要点を述べる。
 
第1期間:「ド」
これは企画や計画を実行に移したり、新しい物事をスタートするのに適した時期である。
PRや営業にもよい。新居に引っ越ししてきて新しい生活を始めた時に例えることができる。
 
第2期間:「レ」
この52日間は、短期的な物事の開始にはよいが、長期的、永続的な計画の開始には向いていない。
スピード感が要求される事柄の時期なのだ。
 
第3期間:「ミ」
この時期は、パワーを必要とすることに適している。頑張って汗をながす時だ。
 
第4期間:「ファ」
前の期間とは異なり、身体的よりも精神的な面でエネルギーに満たされる時期になる。
ひらめきや思いつきのアイデアに従ってもうまくいくことが多い。
 
第5期間:「ソ」
年間で最も充実したサクセス期といえる。計画、実行してきたことが結実する時である。
 
第6期間:「ラ」
前期に引き続き幸運な時期ではあるが、休日のようなもので、くつろぎや娯楽、もてなしの時といえる。
ただし、短期の旅行はよいが、長期はよくない。
 
第7期間:「シ」
最初の第1期が、新居への引越しなら、この期間は次の誕生日までに荷物を整理して、
古い家屋を取り壊し更地にするようなものである。
新しいアイデアや計画などは誕生日以後まで保留すべきで、
短期、長期を問わず旅行には年間で最も不向きな時期である。
 
 

蕪島神社の火事 (追記あり)

 
 

報道によると、5日午前4時20分ごろ、青森県八戸市鮫町の蕪島神社で火災があり、
木造平屋建ての社殿など約280平方メートルを全焼したという。
蕪島は全体がウミネコの繁殖地になっていて、神社の社殿はその中央部分にある。

ウミネコとヒナの観察のために写真は沢山撮ったが、社殿は対象外だったので事件前の画像は少ない。 

 

2
 

1

 

3

 

4

 

5

 

7

 
 

現在の現場は、立ち入り禁止になっていて遠くからしか見られない。
通報から鎮火までの消火活動に5時間以上もかかっていることもあり、
柱や梁の一部が残っているだけの全焼だった。

不幸中の幸いが、人もウミネコも被害がなかったことだ。
ウミネコは春に卵を産み、夏までに子育てを終えると、一緒に北へ旅立つ。
一部の残留組は地元に残るが、この島に寝泊まりするわけではない。

来年の春にまた戻って来た時も、今までと変わらずに繁殖できるだろう。
社殿の周りが使えなくなって多少狭くなる程度だが、面積にして数パーセントに過ぎない。
 
 
追記:
 
捜査関係者によると、最も激しく燃えている本殿の電気設備に不具合があった可能性が高いという。
神社は出火直後に駆け付けた警察官が施錠を確認し、侵入の形跡がなかったことなどから、放火の可能性は低いとみて調べていた。
http://www.nikkansports.com/general/news/1562815.html 

  
 
8
 
 
9
 
 
10
 
 
11
 
 
12
 
 
13
 
 
14
 
 
15
 
 
16
 
 
17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

不思議なトマト

 
 

我が家の庭に、ある日トマトの芽が出て育ち始め、4個の実がなった。
実は、誰も種を植えた人はいない。
猫のジョバンニは植える能力はあるかもしれないが、トマトの種を持っていない。
考えられる可能性はただ一つ。野鳥が運んできたのだろうということになった。

 

1

 

2

  
 
 
4
 
 
 
4個のうちの色づいた2個は、父がおいしく頂いた。
これこそ天の恵み、地の恵みかもしれない。
 
 
5
 
 
 
6
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ