« 案内板 | トップページ | ウミネコ神社の近況 »

小惑星群


 

オレンジ色をした小惑星が空から降ってくるかのように見えた。
地上に激突する前に、野鳥軍団が迎撃してくれるかもしれない。
 
 

1b
 
 
3b

« 案内板 | トップページ | ウミネコ神社の近況 »

自然」カテゴリの記事

コメント

全国で、このような柿を干して食べれば、食料自給率が上がると信じて疑いません(笑)
もちろん、鳥にも食べてもらって良いのです。
我が家から少し山の方へ行きましたら、このような木に「野猿」の団体さんが取り付いていました。
嬌声を上げて、騒ぎまくっていました。 誰も近づけるものではありません。 蟹さんだって。

iwamotoさん、こんにちは。
販売用に栽培されている柿の木は、枝が高くならないように品種改良されているのでしょうか。
天然のものは樹高が高すぎて上の方の枝は梯子も届きそうにないです。
棒で突いて落とすと傷むので、高いところは無理っぽいです。
低いところだけ人が食べて高い所は鳥が食べるのが理に適ってますね。
これらは公有地の木なので実を採って持ち帰るのは自由なようです。

PS. そちらへのコメは1日通じて2日弾かれるパターンです。
こないときは弾かれたと思ってください。

こんにちは。
この柿の木、枝が折れちゃうんじゃないの?と思うくらい柿が実っていますね!
すごい~~~!!
下から見上げて撮ってあると、すごく迫力ありますね!

この柿、ずーっと見てると、鶏レバーの中に入ってる
殻が出来るまでの玉子「きんかん」に見えてきました^_^;

いちごさん、こんばんは。
この柿の木はかなり古くて、何十年も経っているような巨木でした。
「きんかん」とはうまい譬えですね。
たしかに全部が枝で兄弟のようにつながっています。
私には星のように見えたのでした。

三日に一日ですか、どのような仕掛けなのでしょうね。
どうしてもこれは言いたい、みたいなことがあったら、別途ご連絡ください。
間違ってるぞとか、勘違いしてるぞとか。 緊急連絡とか。

佐渡の柿の話で聞いたのですが、上に延びた枝を落として、横に横に張らせていくのです。
立ったままで、年寄りでも収穫出来るように。
でも、樹形としてはちょっと違和感もあったのですが。

我が家は、それに倣って、今年は少し成功した感じでした。

iwamotoさん、こんにちは。
不通になるのが今は自分だけなのか他の人にも起こるのか不明ですが、
PCとスマホが同時になるのは、地域的なブロックごとに発生するのかもしれません。
 
先日、遠縁の人から柿が送られてきました。
どうやら高い木から地面に落とすような採り方をしたようで、
傷んだ所の劣化が早くて賞味期限に追われました。
無理に採らなくてもある程度は鳥の協力もあったほうがいいと感じました。

こんばんは
この写真 柿の存在感?がすごく出てていいですね!
そして、亀三郎的に
もっと印象に残ったのは
『空の色』
この色が、、、
写真全体に
緊張感を生んでいます (^_^;)(^_^;)

亀三郎さん、こんにちは。
見事な青空だったのですが、柿の色が目立たなくなるので、
彩度を落としてみました。小細工なので本来なら邪道です。
モノクロで赤外線写真風にもやってみましたが、
何の実だか分からなくなるのでこちらにしました。

うわあ、豊作だあ。
八王子の現場の隣の畑の柿の木は、去年はこの写真みたいに鈴なりでしたが、甘いのに小粒すぎたか、持ち主は全くとらず、ヒヨドリや小鳥に全部プレゼントしていました。
今年は、枝払いしたせいか、数もさほど実らず(大体一年起きであると所有者はのたもうておりました)そのかわりずっと大きめでしたら、所有者がほとんど採ってしまい、樹上近くに10個くらい残していただけ。おかげで、縄張りにしてるヒヨドリが独占して、見張り続けて、他の鳥をよせつけません。ちょっと残念です。haha

Cakeaterさん、こんにちは。
こちらで見かけるほとんどの柿の木は、人が食べるために植えているのではないようです。
一部は人も食べるようですが、多くは野鳥にプレゼントするためでしょう。
この木もそうです。公園の美観と鳥のためにあるように感じました。
欲しいものが欲しいだけ自由に採ることができる、原始共産制のモデルを見ているようです。

お題が「小惑星群」だったので天体の記事かと思ったら、
にゃんと柿の記事でした。
こういう裏切られ方は大好きでーす。

手前から向こうまでバシッとくっきり写っていますね。
少し暗い空と相まって一番手前の柿が
「おらおら食べんかい!」
って言っているようです。

ウチの田舎では柚子を地域の特産にしたいと思っているようで、
柿の木は少しづつ柚子の木に植え替えられているようです。
なので柿は少し肩身の狭い思いをしているかも。

paoままさん、こんにちは。
柿の実が降ってくるかのように豊作なので、
惑星に例えてみたかったのです。
これらの実は、春までに野鳥が全部平らげてくれます。
 
柿は和歌山に任せておけばいいでしょう。
特産品は得意なもので勝負すべきです。
こちらの柿はほとんどが鳥さん用になっています。
干し柿を作るところはほんの一部の家だけみたいです。
我が家ではスーパーから買って食べています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/62571537

この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星群:

« 案内板 | トップページ | ウミネコ神社の近況 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ