« コスモス | トップページ | 小惑星群 »

案内板

 
 
海岸近くの道路沿いにある案内板がものの見事に錆びていた。
鉄板にペンキで文字が書かれていたのであろうことは間違いない。
ひょっとすると昔読んだかもしれないが、記憶は遥か彼方へ跳んでしまっている。
支えている門型の枠が、亜鉛メッキのパイプなのでまだしっかりしていて、
その落差が板の錆びと穴をいっそう引き立ててしまっている。
 
 
Photo_4
 
 
この案内板が新しく作り直されることはないだろう。
すっかりお役御免になったので放置されているのである。
しかし、新たなアート作品としての佇まいには、現役以上の価値があるかもしれない。
   
 
Photo_5
 
 
Photo_6
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

« コスモス | トップページ | 小惑星群 »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

似たような写真を持ってます。
ちゃんと顔に見えますよ(笑)

我が家のバスルームのドア、その内側の塗装が剥げて、こんな感じです。
とある本で、ジャスパー・ジョーンズと紹介されました(冗談で)

iwamotoさん、こんにちは。
これは顔を狙ったのではなかったのですが、
顔に見えるでしょうか。強いて言えば、
星雲に見立てることもできなくはないのですが。

星雲といえば、お宅のバスルームのドアは、
夜空のような濃いブルーの背景に、明るい黄色い星々がきらめいていて、
星空を眺めているようなアートです。
透明なアクリル塗料でコーティングすれば長く保存できますね。
 
この鉄板は土に還るのを見守ってみたいです。

こんばんは
わたしには 顔 星雲というよりも
ロールシャッハ・テスト、、、ぽいように感じました。笑
それにしても
この看板
街道沿いに なにが書いてあったのか、、、
ちょっと気になります~~~
雰囲気的には
「亀三郎農場 入り口 乳搾り体験出来ます」とか・・・・(^_^;)

こんばんは
案内板というよりオブジェとして存在しているように見えます^^

亀三郎さん、おはようございます。
たしかにロールシャッハ・テストを連想させますね。
何が書いてあったか、なぜ放置されたのかを詳しく追究してしまうと、
見る人の想像の妨げになります。
今回はアートをお楽しみください。

yutaさん、おはようございます。
案内しない案内板は、まさにシュールなオブジェですね。

Lucianさん、こんにちは。
中心部が錆び落ちてしまっているのですね。
凡人としては、やはりここに何が書いてあったのだろうと考えてしまいます。
海岸のすぐ近くなのに鉄板とは・・・かなり昔に立てられたものなのでしょうね。
古老に聞けばわかるかもしれないですが、オブジェと思ったほうが趣があっていいのかもしれませんね。

esikoさん、こんにちは。
何と書いてあったかは察しがつきますし、
なぜ放置されたのかもだいたい分かります。
でもそれを書くと長い物語になってしまい、
「オブジェ」の魅力がなくなるのでビジュアルを優先しました。
そもそも、説明用の写真はつまらなくなるものです。
物語は別の機会にしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/62556718

この記事へのトラックバック一覧です: 案内板:

« コスモス | トップページ | 小惑星群 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ