« コハクチョウの飛来 | トップページ | 影絵 »

貯古齢糖秋桜

 
 

散歩中にちょっと珍しい花に出会った。
チョコレートコスモスだ。美容室の玄関脇の花壇に咲いていた。
花期は6月~7月、9月~11月になっていて、今は12月の始めだから最後の花かもしれない。
8月は真夏なので開花は休むことが多いという。
夏休みを取るのは珍しい花だと思う。


 
1
 
 
 
品種は何だろうか? 原種はすでに絶滅している。 
思いつくだけで7種類ある。 
 
ショコラ
キャラメル・チョコレート
チョコモカ
ほっとチョコレート(新作)
ノエル・ルージュ
コスモス・アトロサンギネウス
ストロベリーチョコレート(キバナコスモスとの交配)
 
さて、どれだろうか?
 
 
2
 
 
 
画像だけから推定すると、ショコラかチョコモカだろう。
さらに断定するほど経験値がないので不明。
チョコレートの香りがするかどうか嗅いでみるべきだったが忘れてしまった。
後の祭りである。
 
 
 
3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« コハクチョウの飛来 | トップページ | 影絵 »

草花」カテゴリの記事

コメント

葉っぱの感じがずいぶん違いますね。
タネは貰いましたか。 球根が出来るのでタネは不要だとすると、タネは出来ないものですか。
実際には、挿し木で増えるのかもしれません。
チョコレートコスモスはチョコレートの匂いがすると言いますね。
未だ、信じられませんが(笑)

夏は開花の休暇を取るなんて、どのようなメカニズムなのでしょうね。

iwamotoさん、こんにちは。
タネはできないようです。
原種が絶滅したので、株分けか挿し木でしか増やせません。
いわばクローンですね。ソメイヨシノみたいです。
しかも春から秋にしかできないので今は季節外れです。

このコスモスはまだ勉強不足で分からないことが多いです。

Licianさん、こんばんは。
チョコレートコスモス・・・はて、一年か二年前、どなたかのブログで見て、うちのあたりには無いだろうかと探したことがあります。
あれはLucianさんだとばかり思っていましたが、違ったようですね。
近所を探した時、結局どこでもお目にかかることはできませんでした。
絶滅したと聞いて納得です。

esikoさん、こんばんは。
2年前にもアップしたことがあります。
今考えると、あれはハルシャギクの間違いだったと思います。
花はよく似ていますが、茎や葉が違います。
今回が本物で初めてのチョココスになります。
これはタネがなくて、球根をカットして分けるか、挿し木で増やさないと栽培できないので、
簡単にどこでも見つかるものではないようです。
そういう意味でも珍しいコスモスなのです。

こんにちは。
チョコレートコスモス!美味しそうな名前ですよね!
色はとっても深い色で、こういうボルドー系のお色って好きです。
チョコの香りがするのかしら?
私は実物を見た事がないなぁ~
来年こそはどこかで見つけられるかしら?(*^_^*)

いちごさん、こんにちは。
品種によって色の濃さは違いがあるようです。
赤ワインみたいな色でチョコレートの香りがする花
というだけでも不思議なイメージですね。
タネはないので、花屋や通販で買うとしても鉢植えのものになりそうです。
だからあまり見かけないのかもしれません。
一つくらい育ててみたい気もします。
春になれば売り始めるでしょう。

チョコレートコスモス
以前から知ってはいましたが
書かれたような種類があるとは
しりませんでした。
あ それと 原種はすでに絶滅っていうことも (^_^;)(^_^;)
新作
ほっとチョコレートとか
面白いネーミングで
どんなのか
あとで
ググッて調べてみようと思います!!

PS 昨晩から雨模様、、、
   だんだん やんでいくと思いますが、、、
   冬の雨って感じです
   でも
   いがいと 気温は高いような気がします、、、

チョコレートコスモスの品種をすぐに7種類も思い浮かべられるのが凄いです。
私の中でコスモスはあのピンクのと黄色のだけで、チョコレート色のものは
あまり見た記憶がありません。
三次には咲いていないのか?
今度いちごさんに会ったら聞いてみましょう(覚えとったらね)

チョコレートってこんな漢字を書くのですか?
貯古齢糖
年寄りっぽいですね、もっと他になかったんじゃろうか(笑)

亀三郎さん、こんにちは2.
タネができないのでクローンで増えるわけですが、
苗木と挿し木を別の種類にして品種を作るのでしょう。
キバナコスモスとだけ交配が可能で、普通のコスモスとはできないそうです。
こちらも雨ですが、気温は高めです。
明日から晴れるそうで、寒くならなければいいですね。

paoままさん、こんにちは。
鉢に入った苗で売られているので、タネを蒔くように手軽でないし、
増やすには球根をカットしたり挿し木をする必要があります。
だから一部の人しか育てないし、見えにくいところにひっそりと置いているのかもしれません。
偶然見つけるには幸運が必要かもですね(笑)
苗は通販でも安く買えます。育ててみてはいかがでしょうか。
 
猪口齢糖は明治10年、貯古齢糖は明治11年に作られた当て字です。
古いのは仕方ないです。

あしたは「ルシア祭」?
Lucianさんは、関係ありますか。

iwamotoさん、こんばんは。
聖ルチアはイタリアのシチリア島、聖ルシアンは旧シリア現トルコのアンタキヤです。
生存した時期はほぼ同じで、どちらも殉教者ですが、知名度・人気ともに乙女の方に軍配が上がります。
カナダにLuciaさんという女性がいて、メールをやり取りしたことがあります。

こんにちは
深紅のビロードのようなすてきな花ですね
7種類もあるのですか
知りませんでしたよ^^

yutaさん、こんにちは。
咲き始めは花びらに光沢があって、固形のチョコレートのようです。
だんだん光沢がなくなるとビロードのようになるそうです。
滅多に見ない希少な花でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/62842857

この記事へのトラックバック一覧です: 貯古齢糖秋桜:

« コハクチョウの飛来 | トップページ | 影絵 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ