« The dog fighters  土佐闘犬 その1 | トップページ | 霜華 frost flowers »

The dog fighters  土佐闘犬 その2

 
 

さて、屋内の競技場には八角形の柵にリング状に囲まれた土俵が二つあった。
第一土俵と第二土俵に分けられていて、試合は同時進行で行われていた。
取り組みの内容は全く分からなかったが、第一土俵の方が格が上のように見えたので、
そちらに移動して少し観戦してみた。
 

5

 

6  

 

7

 
 

試合の進行は場内アナウンスで案内される。
審判員は3人で柵の上に座って視ている。そのうちの1人が審判長。
座席の最前列には検査役もいて、判定に対して「物言い」をすることもできる。
ビデオ撮影は公式記録が1人で、他の2人はそれぞれのチームの関係者だろうか。
勝負が決まると、犬は自分で離れることができないので、人が引き離すことになる。

 

8

 

9

 

10

 

筋骨隆々の大きな身体がぶつかり合う様子はまさに格闘技そのものだった。
噛み合いながらの持久戦なので、多少の裂傷や出血はあるようだった。
土俵を出た後は、待機している獣医が手当てをしていた。
 

11

 

12  

 

13

 

14
   
 
15
 
 
16
 
 
 
地元の関係者の中には顔見知りの人もいたが、取り込み中で忙しそうだったので話を聞くことはできなかった。
通りがかりに思わぬ世界に迷い込んでしまったような不思議な印象だった。
当然のことだが、単なる傍観者として来る者は自分以外には誰もいないだろう。
記憶の中のレジェンドが導いてくれたような気がした。
 
 
参考: NPO法人全土佐犬友好連合会

 
 
18
 
 
19
 
 
20
 
 
21
 
 
22  

 
 
 

« The dog fighters  土佐闘犬 その1 | トップページ | 霜華 frost flowers »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

わたしは九州でも暮らしたことがあるからか、闘犬のことは耳にしました。
ある種の豪毅さか、自分の家に相撲の巡業を招待したり、闘犬を飼ったりなんていうお金持も。
犬が闘うのは見たくないですが、でも、彼等の本性というか、彼等のレゾン・デートルなので。
人の物差しでは測れませんね。

iwamotoさん、こんばんは。
遥か遠方の地まで犬を連れて遠征するには、
3度の飯より犬が好きで、経済的時間的な余裕がないとできませんね。
さすがに九州の人はここまでは来ないようでした。
従兄に闘鶏をやってる人がいます。
負けた方は後で捌いて食べられるそうです。
これを可哀想だというにはベジタリアンでないと無理かもしれませんね。

わたしはベジタリアンではありませんが、好んで肉を食べるというタイプではありません。
それは、やっぱり可哀想という気持ちがチョッピリですが片隅にあるからです。
負けたら殺されるのは格闘技のキマリ。 仕方ないですね。
この年末は、TVで格闘技が復活傾向に見えます。
30日も31日も仕事ですが、夜はテレビも見たいなと思っています。

大宝力と同じ型のバス、こちらでも見ますよ。
モデルさんとカメラマンと雑誌の編集者が乗ってます。
最近は、薄着の可愛い女性の写真を撮ってます。 春の用意ですね。

こんばんは。
肉はたまに少しだけ食べるのが理想的だと思います。
とりわけ中高年はそうすべきですね。
世界的に肉食と牛乳を少なくすると食糧危機が回避できそうです。
牛や豚に与える多くの穀物を人にまわせば沢山の人々が食べられます。
格闘技は本能の昇華と解釈すれば、社会的に容認され得るものかもしれません。
観る観ないは個人の自由ということで。


こんばんは
偶然通りかかったのですか
なかなか見られないですよね
迫力あるでしょう^^

yutaさん、おはようございます。
東日本では数少ない常設会場が近くにあります。
でも一般の人には宣伝・告知を一切しないので、
開催は行ってみないと分からないようになっていました。
レスリングに似た迫力がありました。

おおお やっぱり、、、、土俵から降りた闘犬ちゃん、、、
出血部分をタオルで巻かれて
その世界の人たちが 
親分に言われて
ちょっと
相手の組に挨拶にいった後みたい、、、(^_^;)
「ひとの縄張りに ちょっかい出しやがって なめたらあかんぜよ」
って、、、

わたし
やっぱり 視点が、、、病んでますかね ???

亀三郎さん、こんばんは2
山口組(ロスチャイルド系)の公式サイトでさえ、世界平和を求める団体としてPRしています。
稲川会・住吉会(ロックフェラー系)や九州の工藤会などの武闘派系と差別化をするためでもあるのでしょう。
私が見た印象では、闘犬は健全なスポーツというイメージでした。
ワイルドな部分は犬が全部肩代わりしてくれているようです。

こんにちは。
やはり、出血するくらいの闘いなのですね。
怖いし可愛そうですけど、でも昔から続いていることなのですよね。
何だかカッコいいですね。
強くてカッコいい!、人間にも動物にも共通していますね。

業務連絡
Panasonic
PZ45-175mm
お値段の割には 写りがいいですよ
と言っても
私の場合は すべてと言うわけじゃなくて
時々
撮った写真の中に
はっとするのが あるという感じですけど (^_^;)(^_^;)

いちごさん、こんばんは。
かすり傷程度のケガのようですし、獣医さんの手当てもあるので、
ぎりぎりセーフかなという印象でした。
犬は無心で闘うだけですが、それに期待と夢を託す人々に熱気を感じました。
ちなみに、昔、うちにいた横綱は、クメワカマルという四股名だったようです。
漢字は忘れました。

亀三郎さん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
ミラーレスは今のところ、広角系と標準系で考えています。
望遠系はファインダー一眼とコンデジで間に合っているので。
ストリートスナップに一眼は目立つし、コンデジでは物足りない、
というのがミラーレスに注目した理由でした。

ところで、今年同じマツダ車を購入された3人組がいるそうで、
その中にいちごさんが入っています。
対抗して我々もGF-2で3人組を作りましょう。

Panasonic GF2組 結成!!
Lucianさん、いちごさんと わたし
了解しました^^v

最近
Lucianさんに誘発されて
GF2
使ってるわたし
持ってるので、、、使わないと、、、って
ばぁちゃん譲りの
「もったいない精神」が
根底にあるわたし、、、私

亀三郎さん、おはようございます。
GF2組 結成の了承ありがとうございます。
昔買ったコンデジは壊れるまで使いました。
一眼も酷使に耐えられずにシャッターが動かなくなりましたが、
修理して使っています。
GF2は中古品なので長持ちはしないかもしれませんが、
使い倒してみようと思ってます。
フィッシュアイのテストレポートはそのうちアップしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/63100106

この記事へのトラックバック一覧です: The dog fighters  土佐闘犬 その2:

« The dog fighters  土佐闘犬 その1 | トップページ | 霜華 frost flowers »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ