« ツララの木 | トップページ | 瓢箪とカボチャのオブジェ »

明暗を分けた食品廃棄

国内外の報道で、対照的なニュースを目にした。
日本のコンビニ各社の本部では、もったいないという概念を知らないらしい。
日本人として恥ずかしいと思う。
  

フランス スーパーに対し賞味期限切れ食品の廃棄を公式に禁止
 
フランスは、スーパーマーケットに対し、賞味期限切れの食品の廃棄を法的に禁止した世界で最初の国になった。テレビ「iTele」が伝えた。
 
報道によれば、フランス上院は、満場一致で、新しい法案を可決した。この法律は、直ちに効力を発した。すでに今日5日、フランスの大手スーパーマーケットは、調味期限の切れる食品の廃棄が禁止される。それらは廃棄される代わりに、人道援助組織に回され、必要とする人々に配られる。
 
また新しい法律の中では、故意に食品を廃棄したスーパーマーケットに対する罰則も規定されている。これまで多くのスーパーは、倉庫周辺に集まる失業者やホームレスの人々が食べられないように、食品を故意に「損なって」きた。
 
Sputlk 日本より 
 
 
 
「恵方巻き」売れ残り、大量廃棄される 店員が「自腹で買い取り」強要されるケースも
 
「異常な量の恵方巻き残ってる」「26万円の廃棄」「100個以上捨てる」――。2016年2月3日夜、こんな悲痛なツイートがコンビニ店員から相次いだ。節分にあわせて入荷した恵方巻きが大量に売れ残り、それを廃棄しているというのだ。
 
さらには、「大量に売れ残った恵方巻きを、従業員が自腹で買い取るよう強要される」ケースもあるようだ。
 
J-CASTニュースより
 
 
Ehou01

« ツララの木 | トップページ | 瓢箪とカボチャのオブジェ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本は、食べられない人が沢山いる「貧しい国」です。
食べ物を捨てるなんて、有り得ないこと。
みんなでコンビニをボイコットしようと言う人もいるらしいですが、なんとかならないものでしょうか。
食べ物はもっと丁寧に扱われるべきですね。
我が家は。100円ダイエットを続けていますよ。

iwamotoさん、こんばんは。
庶民にできることは、騒いで世論に訴えることくらいかもしれません。
社会問題として大きくなれば、渋々でも対策を考えるでしょう。
将来的にはコンビニのビジネスモデルは崩壊していくと思います。

こんばんは
日本でも問題を重要視して国が方策をとらないといけないですね
恥をかくことにならなければいいけど・・・・

年明けてからは、再び弁当作りを始めたんですが、だんだんと量が増えてくるのが悩み。その点、コンビニ弁当は、ちょっと食い足りない気分で済むのがいい。haha
という基本食いしん坊なんで、まだ腐ってもいない弁当やおにぎりを捨てたりしてるのを見ると、もったいなあといつもおもいますね(食べる気があるか?と言えば、コンビニ味はひと月に一度か二度で十分、あれでも味が濃すぎる)。「売り切れ御免」でいいと思うんだけどなあ。それで離れる客なんかも相手にせざる得ない販売戦略は間違ってるとおもいます。
もっとも売り手だけじゃなくて、買い手のほうの問題も始末に負えないものがあるようで、やはりもう一度国家経済が破たんして、「空腹をじっくり味わう」ことがない限り、どうしようもないような気がします。
恵方巻に関しては、売る方も売る方、買う方も買う方。あんなもん1本丸かじりしたら一食食う胃袋の余地があるかいな。(ケーキで作った恵方巻なら別腹だけどhehe)

yutaさん、おはようございます。
利益至上主義の典型的な弊害が明るみにでた感がありますね。
こういう状態が放置されているのは許されないと思います。
もはや法的な規制が必要な段階に達しているようです。

Cakeaterさん、おはようございます。
日本の国家経済の破綻は、米国の尻拭いが限界に達したときにやってくると思います。
8年間もカウントダウンしてきましたが、幸か不幸かまだ実現していませんね。
恵方巻きを1本食べたあと、別腹用のケーキで作った恵方巻きも食べました。
ロールケーキでした(笑)

こんばんは
コンビニ、、、恵方巻き、、、そんなに捨てられていたんですか
私、、、の耳に入ってきたのは
当日 遅くにいったら
もう売り切れで買えなかった、、、という話だけ
売れ残りが怖いから
仕入れも 少なくしてるのか 
そうゆう戦略かと思ってたのですが・・・・
実態は 違うんですね、、、
このlogで はっきり分かりました ペコリ

亀三郎さん、こんばんは。
日本にあるコンビニの数は相当なものですから、
中には売り切った店もあったでしょうね。
でもニュースになるくらいなので逆のケースが多かったということでしょう。
フランスに追いつくには10年くらいかかるかもしれませんね。
問題意識を持ち続けることが大切だと思います。

おはようございます。
アレレレ・・・・昨夜、こちらにコメントを書いたつもりなのですが・・・。
いったい何処に書いて送ったのでしょうか?
とにかく、コンビニ等の食品廃棄の実態には腹立たしいことこのうえないないです。
食べられない人がたくさんいて、子供の貧困が問題になっているこの国で
このようなことが実際にあるなんて許されないことです。
大きなしっぺ返しが来るでしょう。
フランスは、地に足がついていると思います。

こんにちは。
ほんと、勿体ない事です。
コンビニなんて消費期限が1分でも過ぎると廃棄されるのですよね。
お安いお値段で売るとか・・・そんなこともできないのでしょうね・・・
でもそれを許してしまうと、また収拾がつかなくなりそうだし・・・
難しい問題ですね^_^;

esikoさん、こんばんは。
コンビニのフランチャイズオーナーさんは大変ですね。
本部の命令で大量に仕入れさせられて、余ったら捨てさせられます。
売れようが売れまいが本部だけが儲かる仕組みです。
こんなバカな商売が日本中にはびこっているのはとても残念です。
仰るようにいつかしっぺ返しがくるでしょう。
フランスのような法制化が望まれますが、企業から献金を受けている政治家が動くとは考えにくいですね。

いちごさん、こんばんは。
どう考えてももったいないですよね。
だからといって、豚に大量に食べさせたらブタがかわいそうですし。
買う方も便利さを少し犠牲にしてでも食べ物を大切にするように意識転換しないと
コンビニはいつまでも変わらないと思います。

恵方巻きが沢山残ったニュースはテレビで見ました。
勿体ない話しですが、コンビニの本部は何をお考えかっ!

今これを書いている私は若干空腹なので、腹立たしい事ったらないわ。

何でもかんでも除菌して、衛生にはとっても気を使い、
ちょっとでも異物があるとすぐにクレーム。
消費者サイドもありようを変えないと来年もこれから先も大量廃棄は続いていくと思います。

もっと自分の鼻と舌にまかせましょう。
勝負よ勝負!
私らは生き物なんだから。
食べるものを自分で選べなくなったら・・・
絶滅よ~ん。
かく言う私はいつも田舎の台所で勝負してまーす
「これまだ食べられるかね(クンクン)」
「ギリいけるかも」(笑)

paoままさん、こんばんは。
欧米では一般に、賞味期限は日本の2倍近くあるようです。
つまり、多少臭っても味が変わっても、科学的に健康に害がなければOKという考え方です。
それを食べるかどうかは、個人の自己責任に委ねられている文化なのです。
この点は日本も少し学ぶものがあるかもしれませんね。
そうすると、我が国のコンビニで廃棄された食品は、欧米ではまだ定価で売れることになります。
庶民感覚から極端に乖離がある行為は、早晩行き詰るのは間違いないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/63825398

この記事へのトラックバック一覧です: 明暗を分けた食品廃棄:

« ツララの木 | トップページ | 瓢箪とカボチャのオブジェ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ