« ラストフライト | トップページ | 帰ってきたウミネコ »

半影月食

 
「半影月食(はんえいげっしょく)」とは、月が地球の半影(※注)に入って、
月面の一部がわずかに暗くなる現象のことである。
通常は数年に一度しか見ることができないが、
2016年は3月23日、8月18日、9月17日と3回あり、
昨日は今年1回目の半影月食となった。

23日の半影月食は、午後6時37分ごろに暗くなり始め、
午後8時47分ごろに最大、午後10時57分ごろに終わる。
暗くなり始めのころは月の高度が低く見づらいので、
半影月食は、注意して見ないと月食と気付かない場合がほとんどだが、
今回は比較的わかりやすいとされているようだ。
 
 
まず、通常(に近い)時の月の状態。 
白っぽく明るめになっている。22時37分撮影。
  

2
 
 
 
半影月食が最大の20時47分ごろ。満月の直前だ。
少し黄みを帯びて、右下(南側)部分が暗くなっているのがわかる。
 
 
1
 
 
普通の月食と違って大きな変化はなく、微妙なものだが、
数年に一度のものが今年は3回も見られるなら、観察してみるのもいいかもしれない。
 
 
※注記 半影について。
太陽のように大きさのある光源では、完全に地球の影に隠れて見えなくなる「本影」が中心になり、
一部分は隠れていないために少し明るさが残る「半影」がそのまわりを囲むように2重円になる。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

« ラストフライト | トップページ | 帰ってきたウミネコ »

自然」カテゴリの記事

コメント

そうだったのか。
ずいぶん月がオレンジ色っぽいなあとは思ったけど、
5時1分に鶯谷で起きた人身事故で京浜東北線が6時25分まで止まってたので、王子から荻窪まで、家に着いたときはすでに余力も月て月どころではなかった。haha
あと、2回もあるなら、Coolpix P900買おうかなあ。

半影という言葉を出す前に、本影を説明した方が分かりやすいかもしれませんね。
わたしは理解していますが(笑)
今年は3度も見られるのですか。
写真的に表現するのは難しそうですね。 ティコの辺りが暗くなっていますが。

こんにちは。
半影月食、初めて聞きました。
それが今年は3度も見られるのですね!
私は写真で撮るのはきっと無理なので・・・
でも、8月と9月楽しみに見てみますね♪

Cakeaterさん、こんばんは。
いわれてみないと判らないくらいの微妙な変化です。
だからこそウォッチングに楽しみがあります。
次回は是非ご覧下さい。この種の観察は写真より肉眼が勝ります。
どうしても男のロマン・2000㎜の超望遠にこだわるならP900ですが、
昆虫や猫を近づいてアップで撮りたいならP610の方がずっと便利です。
というわけで、これらは後者になります。

iwamotoさん、こんばんは。
とりあえず追記で説明しました。分かるでしょうか。
色つきの図を描く方法を知らないので、図解はできませんでした。
写真判定でも違いは分かりますが、肉眼の印象の方がちょっとリアルです。
観察眼を試されるような現象でした。

いちごさん、こんばんは。
天気にも左右されるので、3回のチャンスはラッキーですね。
特に最後の9月は、Loveちゃん(とあと誰か)の誕生日なので忘れないと思います。
写真の変化は微妙なので、肉眼で見分けてみてください。
白とオレンジ色の違い、一部分だけちょっと暗くなるなど、注意して見るとわかります。

こんばんは。
ハッキリわかる月食しかわかりませんでした。
半影の月食というものがあるのですね。
大雑把に生きている私は、月を見ても違いに気付かないでしょう。
Lucianさんのところにお邪魔すると、知らないことばかり書かれていて驚きます。
次のこの月食は8月18日ですか・・・カレンダーに印をつけておきます。

白鳥、すんごく綺麗に撮れていますね。
我が家の上空あたりで毎朝のように聞こえていた白鳥の声が全く聞こえなくなりました。
北のほうに帰ってしまったのですね。

esikoさん、こんばんは。
気をつけないと誰も分からないと思います。
言われてみれば何となくそう見えるというレベルの微妙な違いです。
でも違いに気がつくと楽しいですよ。次回は是非どうぞ。
 
白鳥はたまたま飛ぶ時にめぐり会ってラッキーでした。
今はもう完全に帰ったとみていいでしょう。
田んぼなどの地面で離陸に失敗したら痛いだろうと思いますが、
そういうことはないですよね。
水の上だから油断したのかもしれません。

こんばんは
初めて聞きました
なるほど
そういうことなんですね^^

yutaさん、こんにちは。
私も最近知りました。
皆既月食や部分月食のような劇的変化はありませんが、
淡く微かな変わりようを楽しめました。

こんばんは
最初 違いが分からなかった私 (;´・ω・)
上下の画像を何度かスクロールして
ようやく 言われてる右下の違いが
分かってきました!!
次の機会は 8月18日なんですね
覚えていたら チャレンジ!!
って、、、きっと お盆明けで
飲んだくれてて、、、無理かもですが 赤面

亀三郎さん、こんにちは。
月食の方は、右下の影だけではなく、
全体がオレンジ色を帯びていました。
この違いを写真で表現するには
誇張するようにレタッチすればよかったかもしれません。
でもそのままの方が微妙な変化として理解してもらえると思います。
あと2回あるので、どちらかはチャンスがあるでしょう。

月食だってよく見逃すのに、半影の月食なんてまず分かりません。
昔から記録されてきたのでしょうか。
昔の人は目が良かったんでしょうねぇ。
視力検査表の一番大きい丸のどこが欠けているかもよく分からない私には「???」な世界です。

ところで、
田舎の家の、母屋と納屋の間のつなぎの屋根は固定されていないそうです。
超簡単に乗っかってるだけ、とかパパさん言ってました。
田舎の家は先代のじい様の頃からアッチコッチ素人大工が手入れしているので、
プロの人から見たら
「なんじゃ~こりゃあ!」なものも多々あります。
大工さんが田舎で一番驚いたのは、離れのふろ場の(田舎の風呂は独立した建物)浴室の内壁が台所などで使用されるパネルを使っていた事。
昔ながらの白壁だったものの上にじい様がパネルをはっつけていました。
天井をキチンと仕上げずに、立ち上げたパネルの上部を曲げて何となくくっつけていたんです。
つまりお風呂はドーム状というか、ちょっと一口では説明がつかない不思議な仕上がりになっていました。(笑)

paoままさん、こんにちは。
これは発見して記録するというよりも、
軌道が分かっているので正確に予測できるということでしょう。
1回くらいはネタに使えるかなと思ったのです。
 
つなぎ屋根はフローティングルーフでしたか。
石油基地の浮き屋根式タンクみたいですね。
滑って下に落ちてきたり、雪の重みで潰れなければ問題はないでしょう。
離れの風呂場は、その上から浴室用カッティングシートを貼ればリフォームできそうですね。
天井も同じものを貼ればいいと思います。

風呂場の話ですが、一昨年パパさん頑張って浴室を張り替えました。
なんせ台所用のパネルがあちこち浮いてきて、ボロボロになりよったんですよ。

ホームセンターに通ってはバス・パネルやらなんやらを買い込んで田舎に帰ってはせっせとお直し。

台所パネルをはいだら、下から結構綺麗な壁が出て来たので、その上からバス・パネルを貼りまして、今回はちゃんと天井も作りました。
天井を作るときに断熱材も入れたので浴室が以前よりはるかに暖かくなり、真冬のお風呂に震えながら入る事はなくなりました。(笑)

Lさんなら見切りの付け方などにアドバイスを下さったかもにゃあ。
なんせ田舎の建物だから、同じ長さのものをパコパコ貼っていくなんて事は出来ません。
びっくりするくらい曲がっていたり、長さや高さがマチマチじゃけぇねぇ。
いちいち相手に合わせて材料を調整ですよん。
身内に大工仕事などにセンスのある人が誰もいないので、パパさん一人の孤独な作業でございました。

それにしても近頃のホームセンターは凄いですねぇ。
家一軒建つんじゃないの?って思ってしまいました。

paoままさん、こんばんは。
私は内装関係はあまり詳しくないです。
昔、弟が内装屋をやってました。
最近のテレビでは、「有吉ゼミ」で八王子リフォームのヒロミの技を見て、
やってみたいなあと思っています。
なんか見てると簡単そうなんですよね。
「劇的空間改造・ビフォーアフター」の時も、
匠のアイデアと職人の技の両方を身につけたいと思いながら見ています。
プロに求められるのはコストと工期を抑えることなので、
その点アマチュアは気楽です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/64623690

この記事へのトラックバック一覧です: 半影月食:

« ラストフライト | トップページ | 帰ってきたウミネコ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ