« 帰ってきたウミネコ | トップページ | 水平線上のファンタジー »

ストリートフォト

 
 

ある石材屋の前に置かれていた7人の小人の石像。
 

1

 
 

そして、小学校でおなじみの二宮尊徳の立像。
顔の表情が仏像系にシフトしているのは、そちらの技術を使ったからだろうか。

 

2
 

 

なんと彼らはコラボレーションしていた。
現代の車社会では、歩きスマホや歩き読書は危険なので、
小人たちが援護してくれているのかもしれない。

 

3

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 帰ってきたウミネコ | トップページ | 水平線上のファンタジー »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

金さんがスマフォを持ってる像を見たことがあります、TVですが。
この場合は、歩きながらでも本を読まなくてはならない金さんの警護をしているわけですね。
しかし、この金さんの面差しは、だいぶ西に行ってますね。

iwamotoさん、こんばんは。
顔を見た時は、歩くお地蔵さんかと思いましたが、
世のため人のために菩薩道を歩いた人だったのだと納得しました。
不可視の精霊たちの警護はあったのかもしれません。

おはようございます
こびとたちが手をあげてるから
横断歩道を渡ってるところですね(笑)

yutaさん、おはようございます。
金治郎さんが薪を背負いながら本を読んだという根拠はまだみつかっていないそうです。
ということは、7人の助手かシークレットサービスを雇っていなかったという証拠もないですね(笑)
タイムスリップして確かめてみたいです。

Lucianさん、こんばんは。
金治郎さんと小人たちのコラボ、面白いですね。
たまたまなのか、意図したのか、気になるところです。
昔は車社会じゃなかったので、歩き読書してても
交通事故の心配はありませんでしたよね。
iwamotoさんも言われてますが、顔が西に行ってますよね。
天竺帰りの金治郎さんだったりして。

esikoさん、こんばんは。
石屋さんは、宣伝用に変わった石像を置いていることがよくあります。
大きな5円玉とか、巨大な招き猫とか、縁起のいいものが多いです。
他所と違う個性をアピールしたいのでしょう。
墓石は圧倒的に仏教が多く仏像なども手掛けているので、
西からきた仏さんの顔になりますね。
ヤオロズの神の出る幕はないでしょう。

こんばんは
ディズニーの七人の小人ですよね
うちには
小さいのですが
ぬいぐるみが セットで揃っています~~~
昔、、、コン様が自分で買ったですよ 笑

もしかして
違う、、、、
似てると思うけど、、、
だんだん
自信が無くなってきました、、、、

PS 山桜 情報ありがとうございました。ペコリ

亀三郎さん、こんばんは。
ディズニーの七人の小人でなければ七福神しかいないので、
間違いないでしょう。
 
開花と同時に葉が出るのは山桜と大島桜だけです。
ヤマザクラは葉に褐色が混じっています。
オオシマザクラは鮮やかな緑色の葉です。
これで見分けられます。

うむ、Dopyにひげがないということは、この石工は知ってたらしいが、HappyとDocのひげの形が他の4人とは違うことは見落としたらしい。Docは眼鏡かけてるのはちゃんと彫られてる。金次郎の履物も考証不足。これじゃ草履だもん、農作業とてもやれない。小学校にあった金次郎はワラジをちゃんとはいてたという記憶がある。
白雪姫オタクとしては、この小人たちは65点しかやれない。haha

こんにちは。
先日テレビ番組で紹介されていましたけど
金次郎さん、最近では座って本を読んでいる銅像とかあるようですね!
歩きながら本を読んだりスマホをすることを子どもが真似したら危険!なので撤去してほしいとか・・・
う~ん!これからの時代、何でもこんなふうになりそう・・・

Cakeaterさん、こんばんは。
フリーメイソンではなくただの石工なら、腕はよくても知識レベルはそんなもんでしょう。
金治郎の方は、薪を運ぶふりして読書三昧だった時の像という可能性もゼロではなかったりして。
それと、金次郎じゃなくて金治郎が正解です。

いちごさん、こんばんは。
金治郎さんは、歩きながら本を読むほど時間を惜しんで勉強したという
美徳があるからこそ石像になったわけです。
座って本を読むなら別の人でもよかったんですね。
私が小学生の頃は、古くなって壊れてしまって足だけが残っていました。
夜になると足から上が帰ってくるという怪談もありました。

マキを背負って読書する少年像についての考察でまとまってるのは、これかな。

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2011/10/1842-f78d.html

ただ、そのアメリカの子ども用リーダー(それで明治期の大人が英語ならってたらしい)に出てくる牛をひいて読書する少年が誰なのかは、このサイトの著者はわざと書かないで済ませてるような気がする。ビート・シガーも歌ってる、北軍行進曲のJhon Brown's Body のジョン・ブラウン。(長くなるのでこのへんでやめときます。興味ある方はウイキペディアで検索してみてくださいな。)

Lucianさん、ご無沙汰してました。
最近は二宮尊徳の像は殆ど見かけなくなりましたね。
尊徳さんと、杜の媚びとさん達のコラボ・・・微笑ましいです!

我が家でも震災で墓石が大分壊れて業者さんに修理を頼みました。
この業者さんから頂いたミニカレンダーが可愛い石像の写真でした。
店舗にも色んなイシスの細工品がありましたよ。

Cakeaterさん、情報ありがとうございます。
象徴化のための後世の創作というのが落としどころでしょうね。
軽い読み物でもない限り、「ながら」よりも集中的に読んだ方が学習効率もよいわけで、
農作業中には農業関連の思考に没頭していたと思われます。


るーちゃん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰しています。
うちの小学校では、数年前の建て替えまでは復元された尊徳像がありました。
新校舎になってからも残っているかどうかはまだ確認していません。
ひょっとしたら移設してあるかもしれません。
 
石屋さんでは墓石などの他に、いろんな細工品を作っていますね。
練習と宣伝を兼ねてやっているのかもしれないと想像しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/64887456

この記事へのトラックバック一覧です: ストリートフォト:

« 帰ってきたウミネコ | トップページ | 水平線上のファンタジー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ