« しだれドーム | トップページ | レストラン ・ タベルナ »

菜の花畑

 
 

菜の花の作付け面積が日本一だという横浜町の菜の花畑に行ってみた。
開花宣言が出たのは4月28日で、行ったのは5日後の5月3日だったので、
開花状況はまだ5分咲き程度だった。見頃の満開になるのは連休以後だろう。

 

1

 

2

 
3
 
 
 
横浜町は青森県の下北半島の南側で、六ヶ所村の西にある。
まさかりの形をした半島の柄の部分に当たる。
六ヶ所村は太平洋に面し、横浜町は陸奥湾に面している。
 
風力発電の風車と菜の花との組合せは珍しく感じられたが、
よく調和していて違和感はなかった。
 

4
 
 
 
5

 

6

 
 
町全体の作付け面積は158ヘクタールで、東京ドーム33.6個分に相当することになる。
数字だけではピンとこないが、上空から見下ろせれば納得できるかもしれない。
菜の花フェスティバルが5月14、15日に開催され、ヘリの遊覧飛行もあるようだが、
この時はまだイベントはなにもなかった。
 

7

 

8

 

9
 
 
一般公開されている「菜の花大迷路」の一角には、黄色い招き猫が置かれていた。
欧米では黄色いハンカチやリボンなど、黄色がラッキーカラーになっているのにちなんだものらしい。
世界でここだけにしかない招き猫だそうだ。

 
16
 
 

10

 

11

 

12

 

13

 

14

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« しだれドーム | トップページ | レストラン ・ タベルナ »

風景」カテゴリの記事

コメント

これほどの面積だったら、宇宙から見えるでしょうね。
菜種油を採るとか? 何を目的にしているものなのですか。
満開になったら凄いでしょうね。 空気が黄色に染まってしまいそう。
招き猫さんも左手を上げているので、千客万来ということですね。

すごいねえ。ほとんど阿佐ヶ谷荻窪間の距離を一辺とする正方形くらい広いんだ。東京の空き地でいうと昭和記念公園と隣の自衛隊丸ごと入れたくらいですねえ。もっとわかりやすくいうと、江戸城の内濠の堀の中全部くらい・・・・それが一面まっ黄色。
虫もいっぱい飛んでるだろうなあ。
グーグルマップのストリートビューで国道沿いに流して見たけど、どうも冬に撮ってるのかなあ、畑は土ですね。haha
久しぶりにヘクタールの平方メートル換算してみたら、あれルート計算がうまくいかない。自家製A3ホワイトボードいっぱいになって・・・・あれ?おかしいなあ。うむ、しょうがないとraspberryPi を立ち上げて電卓アプリで、あ、そうか!歳だなあ、ほんとに。数年前までは、この程度暗算できたのに。hehe
さて、連休は明日までかな?Lucian さんは何日休めました?

こんにちは。
すご~い!!菜の花の黄色って綺麗ですね~(*^_^*)
こんなに広い敷地が黄色に染まってると見応えありますね。
観光で植えられているのかしら?
菜種油を採られるのかしら?

風車と菜の花っていいですね!
こんな長閑な雰囲気は大好きです。

Lucianさん、こんばんは。
桜に続きこの菜の花、豪華絢爛続きですね。
満開に見えますが、これで五分咲きとは・・・。
ほんと、宇宙からも見える気がします。
10年前くらいでしょうか・・・菜の花の盛りがやや過ぎた頃、ここを列車から眺めました。
恐山や大間に行く途中だったのですが、噂にたがわずの見事な黄色の絨毯に
友人たちと見とれたのを思い出します。
Lucianさんの所からだとそんなに遠くないのでいいですね。
確か、八戸あたりからバスも出ていたような気がするのですが・・うちからだと下北は遠いです。

iwamotoさん、こんばんは。
ISSからだったら見えるでしょうね。黄色は視認性がよいので目立つでしょう。
ここの菜の花は主に菜種油用が多いようです。
国産品の自給率は0.05%に過ぎないそうです。
食用野菜としての栽培は他県がメインにしています。
本当は満開の時に見たかったのですが、これをヒントに推して想像できそうです。

Cakeaterさん、こんばんは。
面積はだんだん実感してきました。
機会があれば空から眺めてみたいです。
グーグルマップの航空写真は冬みたいですね。
連休は3,4,5の3日休みました。
遠出をしたのは最初の日だけでした。
下北半島縦断日帰りドライブです。

いちごさん、こんばんは。
菜の花の黄色は、レモンイエローですね。
チューリップやヒマワリとは違う黄色です。
品種はキザキノナタネという菜種油用なので、
菜種油としての出荷がメインです。
風車との組合せはオランダを連想しました。
ちょっと異国情緒を感じますね。

esikoさん、こんばんは。
不景気なので、景気付けを兼ねて写真は明るい色を心がけています。
5分咲きでこれなので、不満はなかったです。満開はさぞや豪華でしょう。
横浜町は自宅から車で3時間くらいでした。一関に行くのと同じくらいです。
この後、仏ヶ浦と大間を周ってきました。もちろん日帰りです。
半径300キロまでは日帰り圏内なので仙台までは大丈夫です。
ただし、三陸海岸は別です。途中で立ち寄る所が多いので250キロ先の陸前高田が限界でした。

もう、2,3日は休めると思って、今日はシートンが探偵役のミステリを抱えて、荻窪の喫茶店をはしごしてたら、明日から仕事あります、よろしく・・・・といきなり終わっちゃいました。東京は雨なんで選択は明日にしようと思ってたんであわててコインランドリーに行ってきました。
そのシートンがNY郊外に自然観察保護の土地を買うんですが、その広さが120エーカー・・・・で、またここでEX-word から数字を拾ってきて、筆算してみたら、大体一辺7キロ(阿佐ヶ谷・三鷹間よりちょっと長い)強の正方形の面積をちょっと超えるくらい。ということはLucian さんのブログの菜の花エリアの30倍弱。うん、すごいですねえ。東京エリアで一番広い(成田とか羽田を別として)横田基地のほぼ倍。東京タワーから不忍池、明治神宮、東大、早稲田・・・みんなはいっちゃいます。いくらNY郊外の土地が市内の100分の1の値段だったらしいけど、たかがベストセラー作家が買えちゃうんですねえ。
と、謎ときの本筋から外れて楽しんでました。これも、ここのブログで広大な土地面積計算を朝からやったおかげです。haha

Cakeaterさん、こんばんは。
大陸と島国では、広さの感覚の次元が違うのかもしれません。
謎ときといえば、時間と空間の哲学が今年の個人的テーマです。
空間のサイズもまた、時間と同じように心の産物でしかない可能性があります。

おはようございます
未だ五分咲きとのことですが見事ですね

黄色い招き猫は幸せを呼びそうで人気ものでしょう^^

おはようございます。
今頃は満開になっていると思いますが、それは次の楽しみに取っておきます。
黄色い招き猫は主に愛情系の幸運なようです。

こんにちは、こちらでもご無沙汰でした。

これはこれは凄い菜の花畑ですね。
私の中で春の匂いは桜ではなく菜の花の匂いです。
子どもの頃、学校への行き帰り、田んぼのあぜ道を通る時菜の花が沢山咲いていました。

見渡す一面菜の花っていうのは豪華ですねぇ。
ドローンを飛ばしてみたくなります。

どこまでも続く菜の花畑と風車。
日本っぽくない感じです。(変な言い方じゃね(笑))

paoままさん、こんにちは。
お久しぶりです。お待ちしてました。
 
日本一の作付け面積だというので行ってみました。
でも空から眺めないと本当の大きさは分かりにくいですね。
菜の花フェスティバルの10日前だったので、ヘリの遊覧飛行はまだやってなかったです。
 
菜の花畑と風車は、見慣れない組合せなので外国みたいですよね。
どこの国かといわれると漠然としていますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/65366085

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花畑:

« しだれドーム | トップページ | レストラン ・ タベルナ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ