« カワセミ | トップページ | チューリップ図鑑2016 ① »

ツバメ 2016

 
 

今、ツバメは巣作りの材料を運んでいることがある。
巣はあらかた出来上がっているようなので、仕上げの補強をしているのだろう。
その為、地面に降りていることがある。
餌の虫を捕るのも、水を飲むのも、すべて飛びながら空中でやるので、
地上にいるのは奇妙な感じもした。 

 

1

 

2

 
 

ツバメは元々、人を恐れない鳥なので、時々近くを飛んでくれる。
その瞬間をひたすら待って撮影に挑むのだが、
決まったコースはなく、変幻自在の曲芸飛行をする。
それで、目と腕と指の反射神経のレスポンスタイムを極限まで縮めることが要求される。
簡単にいうと慣れるしかないのである。
 

3

 

4

 
 

水を飲む時は、降下しながら口を開けて、水面に軽くバウンドして上昇する。
平べったい石ころで水きりをするような形にも見える。
軽く口だけ接触して水飲みだけするときと、全身を突っ込んで水浴びを兼ねているような時との2つのパターンがあるようだ。
どちらも時間的にはコンマ数秒の一瞬だ。
 

5

 

6

 

7

 
 

感覚的なスピード感を表現すると、キャッチボールをしている人たちの中央にいて、
ボールを追いかけて流し撮りしているような感覚である。
繰り返しになるが、理屈抜きで「慣れる」しかないと思う。
 

8

 

9

 
 

レンズは、高速で合焦する超音波モーター搭載のタイプが望ましいが、
マニュアルフォーカスにして置きピンで狙えば種類は問わないだろう。
両方試してみたが結果に大差はなかった。
AFの方がピントの精度が少し高い程度だった。

 

10

 

11

 

12

 
 
以前は、ターゲットをファインダーを見ながら追っていたが、
それでは間に合わなくなってきた。つまり、ヒット率が上がらないのである。
銃の照準器のようなスポーツファインダーを自作して、
アクセサリーシューに取り付ければいいかもしれないと考えている。
今回は間に合わないので、ノーファインダーで追いかけた。
それでも以前よりはヒット率が上がったようだが、副作用としてブレも増えてしまった。
 

13

 

14

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« カワセミ | トップページ | チューリップ図鑑2016 ① »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

誰も挑戦しないものを、ありがとうございます。
難しそうですね。
7枚目が、良い形に撮れたでしょうか。

自分は飛んでるものを撮っているだろうか、と考えると。
飛行機系ですね。 輸送機が多いので、飛ぶコースは読みやすいです。
ツバメだと、エアロバティック以上の変化ですから、たくさん撮るしかないですね。

近隣で、ツバメは少ないです。 庭はスズメとムクで大賑わい。 毎日来て遊んでいます。
地上では撮ったことがありますが、飛び上がったら追いきれるものではありません。

全てを飛びながら行うのですか。
うーん・・・早死にしそうな気がします。
ツバメってどのくらい生きるのでしょうか。

田舎の家にはばあ様がツバメの巣をかけないようにしています。
卵やヒナを狙ってヘビが来るのが怖いんだって。
なのでもうココ何年も田舎でツバメを見ていません。

この前チョろっと飛んでいるのを見ましたが、
あっという間にどっかに飛んで行きました。
巣でも無いとじっくり観察など出来ませんて!

こんにちは。
ツバメの飛んでいるところを写真に撮られるなんてすごいですね!
いつも感心させられてばかりです。
私の勤務する会社のお隣さんの玄関先にツバメが巣を作ってヒナが元気に育っています。
毎年、この会社の方皆さんで大切に見守っておられるんですよ。
そうやって見守ってもらえてるって、ツバメさんも安心ですね(*^_^*)

iwamotoさん、こんにちは。
誰も挑戦しないわけではなく、やる人が少ないだけです。
共通の知人の中でのライバルには「ハナ母」さんがいます。
腕は彼女の方が上でしょう。
幸いなことにこのブログはご覧になってないようなので安心しています。
 
ツバメは空中にいる昆虫を食べるので、河原や草むらなどが多いところを飛ばなければならず、
街中ではあまり見かけないのが普通ですね。

paoままさん、こんにちは。
ツバメの平均寿命は1年半ですが、ヒナが天敵に襲われる事故も含まれるので、
平和に過ごせば15~16年生きることもあるそうです。
 
ツバメの巣は軒下の高い所なので蛇が来そうな感じではないですが、
実際に来たことがあるのでしょうか。
せっかく幸運を運んでこようとしているのに、辞退されているかのようでもったいないような。

田んぼの上を飛び回っているのは、近くの民家に巣があるからなんですね。
撮影場所も巣が沢山ある民家の近くを選んでいきます。

いちごさん、こんにちは。
体調が回復されたようでよかったです。
ひとまず安心しました。
定期的に撮り続けないと腕が落ちてきそうなので、
トレーニングだと思ってトライしています。
ツバメは天敵と戦う力がないので、人を隠れ蓑にして見守ってもらおうとしているんですね。
だから、安定してしっかりしている家を選んで巣を作るわけですが、
住んでいる人のオーラというか生命力が見えるのかもしれません。

こんにちは
うまくとるのはむずかしそうですね
ISO感度を上げて絞ってシャッタースピードを早くして
∞だとぶれないで撮れないでしょうか

こんにちは 3
水田の上を飛ぶ燕
背景が緑でボケが効いてて
燕にピントがきてる写真
いいですね!

わたしも
一昨日
河川敷に行く途中
水田
たくさん見ましたが
栃木のほうが
稲の成長が やはり早い??

田植えの時期の
問題かとは 思いますが、、、、笑

yutaさん、こんにちは。
ISO感度を上げて絞りますが、マニュアルフォーカスなら距離は5mから10mくらいです。
∞にすると背景だけにピントが合います。
シャッタースピードを上げても、望遠で流し撮りなのでぶれやすいです。

亀三郎さん、こんにちは3
ピントがバシッと合うのはなかなか難しいです。
数打ちゃ当たる方式になりますね。
田植えは1ヶ月くらい時期が遅れるのと、
気温が低いのとでだいぶ違うと思います。

なんでもそうでしょうけど、トライする気になれば、練習を粘っていけるようになるんですねえ。ツバメの速さにあかんわこれ、と思わないで千三つでいいと思って、電池を3個くらい用意して、電池がなくなるまでひたすらカメラを振り続ける。
わかっちゃいるけど、そこまでのツバメへの愛はないのが、Cakeaterですねえ。haha
線路際の見張台に立ってると、線路とそれに沿ってる道路の上を、多い時で十羽くらいのツバメが飛び回ってる時間があります。終日で見れば4羽くらいですから、交替しながら飛んでいるのか、それとも水辺へ交替で飛んで行ってるのかわかりませんが。
まあ、2千ミリで、とまれとまれと念じながら(口に出してつぶやくと一瞬止まるのが面白いですねえ、黙って狙ってるとレンズがいつまでも止まってくれません。ゆるゆるといいながらストレッチするとよく伸びるというのは、人間の場合脳と末梢神経はある程度つながってるということなんでしょうね・・・・そこから掛け声とか気合なんてもんがテクニックとして伝えられはじめたのかなあ)撮影してる方法ではツバメは別法なんですが。カワセミ同様、ツバメの写真も期待して待ちます。

こんばんは。
神業です~~!!!!
以前は私も姿を見ると撮ってみたい気にもなったものですが
絶対に私には無理だとわかってスッカリ諦めました。
ツバメは警戒心がないんですか!
カラス以外の鳥という鳥はすべて警戒心の塊かと思っていました。
書かれているように、こちらのカワセミの警戒心はすごいですよね。
サステナさんが度々公園のカワセミを写されてるので
都会のカワセミは警戒心が岩手よりは薄いと感じていました。
田舎の鳥のほうが警戒心が強いというのは
もしかして、捕獲される危険性を察知して?
都会では誰も捕獲しないので安心してられるから?
わかりませんが。

ツバメを撮るには慣れるしかないのですか・・・。
それにしても、Lucianさんの集中力には頭が下がります。
素晴らしいです。

Cakeaterさん、こんばんは。
千三つなら素質がないかレンズ性能の限界だと思って諦めた方がいいでしょう。
あくまでも楽しんでできないと時間の無駄です。
百三つなら練習で十三つまでいけるでしょう。
でも一発必中はゴルゴ13以外は無理ですね。
バッテリーは残量表示が一つ減るまでいく前に時間切れになるので1個で十分です。
とまれとまれと念じるよりも、過去形または現在完了形で、とまってくれてありがとうと言った方が効果的という理論もあります。
これは一考に値すると思います。


esikoさん、こんばんは。
ツバメは人のいるところに営巣することで天敵から身を守ろうとする習性なので、
基本的に人を警戒することはないです。
だから触ることはできなくても、近くを何度も飛んでくれるのです。
それと対照的なのがカワセミですが、特にこちらのように人口密度が低い地域では、
全然人慣れしていないので警戒心は最高なのでしょう。
東京では毎日公園や河川敷で人を見ているので、天敵ではないと学習してしまったのではないでしょうか。
あちらに行けば、マクロレンズで近づいて撮れそうな気がします。
今回カワセミを撮れたのは偶然ですが、人の気配をある程度消すことができたせいもあります。

東京の場合、東京新聞の「東京の野鳥」1981年によれば、1970年の日本野鳥の会の調査では、70年ごろは、都内で見ることがなくなり(1955年ごろに水辺でよく見られたのに)郊外の山麓部へと逃げ込んでいたが、この5,6年、都内回帰して報告例が増えている。とか。
つまり、人に追われて山奥へと移っていたのが、そこも人界となって、もといた水辺へ世代を経て戻ってきたというところらしいです。
カワセミはそこらじゅうにいますし、ベランダの金魚鉢の金魚をかすめたりしてるくらいで見れる頻度は、ハクセキレイの次くらいでしょうか。
個人的にはいるらしいけど、まだ一度もみたことのないヤマセミをP900で撮ってみたいです。でも、どこにいるのか、まったく情報がない。haha

なるほど。東京のカワセミは鳥密度が高いこともあって、人を気にしない個体も多くなったかもですね。
こちらで圧倒的に多いハクセキレイも人が近づいても平気な奴もけっこういます。
ヤマセミはまだ一度も出遭っていない幻の鳥です。
いるかどうかもわからないので想定外です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/65896812

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ 2016:

« カワセミ | トップページ | チューリップ図鑑2016 ① »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ