« 田んぼアート 田植え開始 | トップページ | プレリュード »

チューリップ図鑑2016 ③ ファイナルチャプター

 
雨の日のチューリップもしっとりしていいが、晴れた日の鮮やかさはまた格別だ。
天気のいい日を選んで撮影のリベンジを試みた。
今年はこれが最終回。できれば来年もまた新しい品種を探しにいってみたい。

 
 
アルカディア 

Photo

2

 

いぶき

Photo_2

 

オスカー

1

Photo_3

  

イエローキング 

Photo_4

 

キャンディプリンス

1_2

Photo_5

 

クリスタルビューティー

1_3

2_2

 

クリスマスドリーム

1_4

Photo_6

 

ゴールデンオックスフォード

Photo_7

 

サーモンインプレッション

0

Photo_8

 

ダーウィオレンジ

1_5

Photo_9
 
 

デザインインプレッション

Photo_10

Photo_11

 

ハウステンボス

Photo_12

Photo_13

 

パッショネール

Photo_14

Photo_15

 

ピンクインプレッション

Photo_16

Photo_17

 

フロローサ

0_2

1_6

 

ムーンシャイン

Photo_18

 

メリークリスマス

1_7

 

レディマーゴット

1_8

Photo_19

 

レッドエンペラー

1_9

2_3

 

越黄冠(こしおうかん)

1_10

2_4

 

桃太郎

1_11

2_5

 
 

ミッキーマウス 

 

 

 
 
 
 
 
 
   

« 田んぼアート 田植え開始 | トップページ | プレリュード »

草花」カテゴリの記事

コメント

図鑑としては、こちらの方が良いですね。
輝く花たち、特に透過光のアルケイディアは燃えるようですね。

こうして見ると、命名というのも難しいものだな、と思わされます。
それにしても、凄い数だこと。

本日はご指摘有り難うございました(笑)

最初は、「なんでアンタはこんな名前が付けられたん?」と思いながらコロコロしていましたが、花の量が凄いので途中から考える事はやめました。
ひたすら「ああアンタはハウステンボスね、んで次は・・・」と、コロコロ。

新しい品種を開発した人には命名権があるのでしょうが、付ける時にワクワクしながら名前を考えるんでしょうね。

オランダかどっかにセンターみたいな所があって
「新品種と認めます」って認定証を出しているのでしょうか。

こんにちは。
このたくさんの品種の名前はお花の色とかイメージで付けられているのかしら?
名前を考えるだけでもすごい数ですよね!!

大好きな色は、キャンディプリンス・サーモンインプレッション
そしてハウステンボスはフリルのようで素敵ですし・・・
フロローサは珍しくて色も綺麗でお気に入りです(*^_^*)

私が撮りに行った公園にもたくさんの品種がありましたけど
こんなにたくさんは植えられていないです!!

iwamotoさん、こんばんは。
このシリーズは図鑑に徹したので、記録写真ということでお許し願います。
これでも漏れてしまった品種がいくつか残っているのですよ。
4000種類を網羅するのが夢ですが、見てくれる人がいるかどうか(笑)
命名は、個性の印象、伝統、時勢など、多岐に渡るようです。
ソ連崩壊の頃は、ペレストロイカという品種もありました。

paoままさん、こんばんは。
スペイン・ポルトガルの大航海時代が終わって、代わりにオランダが海洋国として台頭し始めた16世紀。
中央アジアからオランダへチューリップが大量に運ばれました。
それから400年の歴史の中で、品種改良と命名が繰り返されてきたわけです。
上流階級の間で大流行したので、そのテイストが感じられる名前も多いですね。

いちごさん、こんばんは。
何千種類もあると、名前はもはや記号のような
区別するためのツールという意味合いが強いのかもしれません。
 
漢字の名前は国産ですが、それ以外はほとんどがオランダから来たものでしょう。
あの国の習慣や流儀で名づけているのだと思います。
 
幼い子供なら原色のものを喜びそうですが、大人は中間のパステル調を好みますよね。

こんばんは。
またまた随分と豪華にお撮りになりましたね。
iwamotoさんの言われるように、晴れた日のほうがチューリップの美しさが際立つと思います。
鮮やかな花に透過光が効果的で、ピッタンコの演出になっています。
私が一番いいなと思ったのは、キャンディプリンスかな。
クリスタルビューティは、ケシの花に似ていますね。
ハウステンボスは縁取りがあって・・・こういうタイプは見たことがありません。
藤沢町にも大規模なチューリップ園がありますので
来年は行って探してみようと思います。

esikoさん、こんばんは。
雨の日だけではスッキリしなかったので、けじめをつけたいと思いました。
撮り方としては、風景的に撮るよりも図鑑としての方が自分の性に合っていると思います。
キャンディプリンスは人気ですね。
黄色は蜂や蝶には人気かもしれませんが、人にはイマイチなようです。
意外に少ないのが白いタイプでした。ホワイトバレーと白雪姫しか記憶にありません。
藤沢町にも行ってみたいですが、見頃に合わせるのが難しそうです。
来年のご報告をお待ちしています。

こんばんは。
雨の日も良いけど、日が当たってるのもまた綺麗ですよね。

今回は、行ったことあるテーマパークと同じ名前の
ハウステンボスが変わった形でお気に入りです。
それから、ピンクインプレッションはポピーにちょっと似てる気がします。

それにしても沢山の種類があってお見事!
年が変わると植えられる種類も変わるんですよね。

ペンタスキーさん、こんにちは。
チューリップは晴れの日のほうがよさそうです。
雨に似合うのは紫陽花くらいかもしれません。
 
ハウステンボスはオランダらしい名前ですね。
テーマパークができる前の長崎オランダ村には行ったことがあります。
ピンクインプレッションは見頃を過ぎて開いてしまっていました。
 
全部の品種にタイミングを合わせて見に行くのは難しいです。
来年はまた別の品種が植えられると思います。


おはようございます
種類が多いですね
名前も西洋的なものから日本的なものまでさまざまですね
見応えがあります
タイトルとおりチューリップ図鑑ですね^^

yutaさん、こんにちは。
チューリップは大部分がオランダから来るようです。
アートフォトへの対極として、図鑑写真を試みました。
質よりも量、イメージよりも情報。
これも写真の持つ特性の一部ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/66313647

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ図鑑2016 ③ ファイナルチャプター:

« 田んぼアート 田植え開始 | トップページ | プレリュード »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ