« ハート雲 | トップページ | 海辺の〇○さん »

影画

 
 

実体よりも影の方が多くを語り、存在を主張しているかのように感じることがある。
決して、枝葉を枝葉末節とみなしたわけではない。
少なくとも個人的には、上を見上げるよりもイマジネーションを刺激されたのだった。
動よりも静の印象で、踊り出しそうな気配はなかった。

  

1

 

2

 

3

 

4

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« ハート雲 | トップページ | 海辺の〇○さん »

風景」カテゴリの記事

コメント

6と10が気に入りました。
最後の写真は、風が吹くと影も動くのでしょうね。
九州上陸、日本海経由で、どこへ行くのでしょう、今度の台風。

iwamotoさん、こんばんは。
この日は無風だったので、版画のような画に見えました。
風があるとまた違った印象になったかもしれません。
台風12号は、日本海に抜けた後、再上陸するコースも予想されていますね。
そうなると悪夢の再来です。

おはようございます
光と影
この時期は木の葉の影が文様のようで
地面にアートしてますね

yutaさん、おはようございます。
この光と影のコントラストが強いほど木は活力に溢れるので、
それをアートして表現していたかのようでした。

こんにちは。
影ってほんと存在感ありますね!
物、そのものの形をそのまま写しだしてくれますよね。
見てて、何だかジーンとしちゃいました。

人の心って・・・見た目と違った事考えていて・・・
そのままを写しだしてないですもの。
今、人間不信に陥ってしまっている私にとっては・・・
この影を見ていると気持ちが和らぎます。

木の枝の影
わたしの ファースト・インプレッションは
線香花火!!
あの
パチパチしてる火の部分を
黒くイメージすると、、、って、、、感じです (^_^;)(^_^;)

いちごさん、こんばんは。
木は葉っぱの影の大きさと濃さの分だけ、エネルギーを作り出すことができますね。
それを楽しみながら競い合っているかのようでした。
残念ながら台風10号で倒れてしまったのもありますが、
その前に撮っておいてよかったと思います。

亀三郎さん、こんばんは。
線香花火、2枚目と3枚目は特にそんな感じがしますね。
ネガポジ反転の発想は意外に斬新でした。
やはり写真は公開したら、見る人のイメージに委ねられるものだと
再認識しました。

こんばんは。
本当に版画の世界ですね!
切り絵のようにも見えます。
地上にあるものの影でしかないのに、
そこでまた違う世界が構築されているような惧れを感じます。
本能がそれを感じている気がします。
神か悪魔かが降臨しそうな世界です。

esikoさん、こんばんは。
この場では、影の囁きを感じたような気がしました。
実物の枝葉よりもずっとリアリティがありました。
オーバーに言うと、まさに生きている切り絵でした。
そういう被写体に出遭うのも写真の楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/67308017

この記事へのトラックバック一覧です: 影画:

« ハート雲 | トップページ | 海辺の〇○さん »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ