住まい・インテリア

昭和のレトロガラス その2

 
 

型板ガラスのメーカーは、旭(アサヒ)硝子、日本板硝子、セントラル硝子の3社。
昭和30年代から40年代のブームの最中には、競って新作を作ったのだという。
始まりとピークがあれば終息もある。一つの時代が終わったのである。
 
平成になると、状況が大きく変わってくる。
1. 住宅は、和風や和洋折衷だけでなく洋風も増えてきたので、その分和風デザインは需要が減った。
2. 洋風向けには海外からの輸入品も入ってきた。
3. 張り替えもできるシールタイプの代替品も登場した。
4. 大手住宅会社の台頭で、コストダウンのために、多様化よりもシンプルな画一化を指向し始めた。
 

いろいろ挙げてみたが、要するに、デザインが古くなったり、欧州ものが入ってきたので、
洋風のシンプルなものに替わってしまったということだろう。
メーカーとしては売れないものは作れないので、流行に合わせて最適化する。
これらの事情によって、レトロな型板ガラスは消えていったと思われる。
日本的な良さが一つなくなったのはさびしい。

 
 
「笹」
  

Photo_9

 
 

「緑」
 

Photo_11

 

Photo_12

 
 

「梨地」または「霞」。2ミリなら梨地、4ミリと6ミリは霞と、板厚で呼び名が変わる。
これだけは、現在でも製造しているようだ。
浴室など曇りガラス代わりによく使われる。
 

Photo_13

 
 

「紅葉(もみじ)」
 

Photo_14

 
 

「サーキット」
 

Photo_15

 

Photo_16

 

「イワモ」
  

Photo_17

 

Photo_18   

 

我が家にあるのはこれで全部。
親戚の家にはまた違ったタイプがあったような気がする。
探せば見つかるかもしれない。

 
 
 

レトロな型板ガラスを今でも販売しているガラス屋さんはある。
でもコレクション数の多いところは少ない。

金沢の前田ガラス店 
http://shop-kanazawa.jp/shop.php?shp=1260&mll=10

オーナーの100枚の写真アルバムは圧巻
http://blog.goo.ne.jp/photo/229429/tn



 
 
 
 
 
 
 
 
 

昭和のレトロガラス その1

昭和の時代、高度成長期の前後に、模様のある家具用ガラスが流行したことがある。
シンプルな曇りガラス(すりガラス)に替わる装飾として考案されたようだ。
 
その数は残っているだけでも数十種類にも及び、昔は数えきれないほどあったという人もいる。
今では生産されていないので在庫品だけが残っている状態だ。
業界では、「型板ガラス」と呼び、一つひとつに名前が付いている。
 
私の家も昭和のレトロハウスなので、いくつかの型板ガラスが残っている。
それを紹介してみよう。
 
 
「銀河」 これが一番ポピュラーなのか、取り付け箇所が多かった。
 
 
Photo
 
 
 
Photo_2
 
 
 
「夜空」 銀河の姉妹品かもしれない。星の輝きが強くなっている。
 
 
Photo_5
 
 
Photo_6
 
 
 
「からたち」 カラタチの茎をデザインしたもの。
 
 
Photo_3
 
 
 
「古都」 
 
Photo_4
 
 
 
「つづれ」 
 
Photo_7
 
 
 
「銀杏(いちょう)」
 
 
Photo_8
 
 
 
残りは次回に続く。

 
 
 
 
 
 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ