動物

山羊

 
雄ヤギの角は後ろ向きに生えているので、攻撃には不向きだが、防御にもあまり役に立ちそうもない。
 
 
Photo_2 
 
 
 
唯一の実用的な使い道がこれ。
背中を掻くこと。
  
 
Photo

 
 

暇があれば(?)食べてばかりいるので、食べるためだけに生まれてきたかのようなイメージもある。
草食動物なのでいつ肉食動物に襲われるとも限らないので、いつも食いだめする習性になったのだろうか。
理由は不明だが、日本系のヤギはいくら食べても太らないという。
 

Photo_3

 
 

Photo_4


  

○○メー党の山口さんに似てるかな?
 

Photo_5


  

雌ヤギは愛想がよく、カメラを向けるとスマイルで応えてくれた。
雄のヤギとはずいぶん印象が違う。

   

Photo_6

 
 

Photo_7

 
  

草を食べている様子を動画でも撮ってみた。

 

 
 
 

スローモーションでもどうぞ。

 

火星表面の愉快な石ころたち

 
 

米航空宇宙局(NASA)公式サイトに掲載されている火星探査車キュリオシティの画像に、
奇妙な形の石が写っているということで話題になっている。
 
そこで、画像をダウンロードして調べてみた。
まず1枚目は、左端中央部分のやや下寄りにあるリスによく似た石。

 

Chipmunk_2

 

Risu
 
 
 
2枚目は、中央部右側の上にある、小鳥によく似た石。
これが自然の風化で作られるのはまさに奇跡的なことではないだろうか。
まるで誰かが持ってきて置いたか、生きている鳥が飛んできたかのようである。
 
  

Bird_2

 

Kotori
 
 
 
3枚目は、左上にあるトカゲもどきの石。
周りの石ころにうまく溶け込んで、カムフラージュに成功している。

 

Lizard

 

Tokage
 
 
 
最後のオマケは、ヘルメット型の石。
まさか誰かが置き忘れていったということは絶対にないだろう。
 

Helmet
 
 

 

  

めんよう

 
 

小岩井農場に立ち寄ったので、放牧している羊を見てきた。
ふと遠い昔の記憶が刺激されて、幼い頃、すぐ隣の農家で羊を飼っていたのを思い出した。
当時は羊とは言わないで、めんよう(綿羊)と呼んでいたので、子供の頃は「めんよう」という名の動物だと思っていたのだった。
昔の農家は米や野菜だけでなく、豚や羊も飼うのが普通だったようだ。
化学繊維が今ほど普及する前は、羊毛は貴重な収入源の一つだったと考えられる。

 

01_r

 

1_r
 

2_r

 
 

群れの中に痩せたのが数匹混じっていたので、遠くだと子羊のように見えた。
でも実際には、毛を刈り取られた後らしい。
この日は気温が5度くらいで風も強かったので、かなり寒く感じられた。
毛のない羊もさぞかし寒かろうと思えるのだが、皮下脂肪が厚いので大丈夫とのこと。
毛刈りの場面に立ち会えるかもしれないと思っていたが、タイミングが合わず見られなかった。

 

15_r

 

3_r
 

 

黒い顔の羊は初めて見たような気がした。
足と顔と耳が黒く見えるが、皮膚全体が黒いということだろう。
 
 

5_r

 

6_r

 
 
 
 
 

 

白ヤギ

 
 
国道沿いの休耕地に、天気がよい日はヤギが置かれている。
ちょっと珍しいので時々立ち寄ってみている。
角の有り無しは性別とは関係がないことは後で分かった。

絶え間なく雑草を食べ続けるので、人が草刈りをする必要がないらしい。
自治体の中には、人を雇って除草するより費用が安いのでヤギを使うところもあるという。

「岐阜県美濃加茂市は、公園内の雑草をヤギに食べさせて除草する取り組みを進めている。
増加する除草費用を削減するための試みで3年目を迎えた。作業員による年2回の除草に比べ費用はほぼ半分。焼却で発生する二酸化炭素を抑えるなど環境に優しい効果を生み出している。」(読売新聞)

特に斜面などは人よりも効率がいいようで、
人による傾斜地の除草は大変だが、ヤギは好んで草を食べにいくそうだ。
 

 

1_r
 
 
2_r
 
 
 
 
角は実際には無用ではないかと考えていたが、意外な使い道があるようだった。
孫の手代わりに背中を気持ち良さそうに掻いているのを見た。
 

 
3_r
 
 
4_r
 
 
 
聴覚に優れ、音に敏感で耳をよく動かすのは猫に似ている。
警戒している時は相手に耳たぶを向け、リラックスしているときは後ろ向きにするようだ。
 
 
5_r
 
 
6_r
 
 
 
瞳が横長なのは敵からすぐ逃げられるよう広い視野を確保する為で、
猫が一点に集中して獲物を確保する為に縦長になっているのと逆である。


7_r
 
 
10_r
 
 
 
角のないヤギの親子もいた。
近づいたばかりの時は警戒して耳をこちらに向けていたが、
安心すると普通の状態に戻した。


8_r


9_r












キツネ

 
 

雪の積もった田んぼで狐に出会った。(今でも雪は残っている)
カメラを向けるまでの何秒かは待っていてくれたので、カメラ目線で撮れた。
そのあとすぐに、一目散に逃げていった。
独特の大きな尻尾が重そうに見えた。

 
B_r

C_r_2

D_r_2

E_r_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

食物連鎖

 
港の岸壁近くの空き地に、カモメの羽と背骨と足だけがつながったまま落ちていました。
まだ新しく2~3日程度経っているように見え、自然死ではないことは明らかでした。
どうやら食物連鎖の上位にいる動物に捕食されたようです。

R0019543

R0019581

 
近くに棲む猫の家族は、人からエサを貰えない時はこうして飢えをしのいでいるようです。
誰かが幕の内風のコンビニ弁当を丸ごとあげたことがありましたが、動物系のおかずだけ食べて、野菜系とご飯には見向きもしませんでした。
やはり猫は本質的に肉食獣でした。
ハンティングとサバイバル術は猫に学ぶものがあるかもしれません。
ちなみにこの一家は去年の春から生まれた仔猫が30匹を超えてしまったのでカウントするのはやめました。

Pb210760

ヤギ

 

田んぼの畦にヤギがいました。ちょっと珍しいので撮影。
アルプスの少女ハイジに出てくるユキちゃんと同じ種類でしょうか。

Img_0237

Img_0232

Img_0233

 

もう一匹いました。こちらは連れでしょうか。
品種は不明ですが、日本ザーネンかもしれません。
遠くから望遠ズームで撮りましたが、それでも初めは驚かれました。

Img_0239

Img_0251

Img_0247  

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ